効果的な除去の必要性!

ここで興味深い数学をいくつか。

大半の大人は休息時において、1分間に12-20回呼吸します。これを1日に換算すると17,280回-28,800回。平均すると1日で23,040回呼吸しています。つまり、1時間で960回呼吸していることになります。平均的な勤務時間、8時間をこの数値に掛けてみると、汚染された空気中で働く作業者はなんと7,680回も汚れた空気を毎日勤務中に呼吸していることになります。

危険性を減らすためには何ができるのでしょうか。

空気中に浮遊する有害な粒子から作業者を守る様々な方法

  • リスクを査定し、どのような予防措置が必要か決定する。
  • 曝露を避ける、または適切な数値内に抑える
  • 管理方法が確実に実行され、維持される。
  • 空気質を監視する

世界中の多数の国で作業者の健康と室内の空気品質の向上に関する法令が導入されているにも関わらず、将来的に重篤な健康被害をもたらす有害粒子が浮遊している空気に、非常に多くの作業員が日常的に曝され続けています。

Fモニタ

Fモニタはフィルターミストの二重監視システムです。オイルミスト、ダスト、油煙、ヒューム吸引装置のメンテナンスが必要となった場合、又はフィルタの目詰まりが発生した場合に、有色警告ランプで機械オペレータに知らせます。

フィルターミスト社の二重監視システムで、吸引メカニズムに問題発生、若しくはメンテンナンス時期が到来した際は即座にお知らせいたします。